福岡の医学部予備校を比較しました

医学部合格を目指すなら!福岡の医系予備校選び完全ガイド

医学部予備校は社会人でも通える?

社会人で医学部予備校に通いたいと思っている方のために社会人でも予備校に通えるのかについてご紹介します。

医学部予備校に通える年齢について

予備校といえば高校生や浪人生が通うものというイメージがあるかもしれませんが、大学生や社会人の方も通っています。そのため、社会人だからといって医学部予備校に通えないわけではないのです。

一度は就職をしたものの、どうしても医療に関する仕事をしたいと思い立ち、予備校を選択する方は少なくありません。子育てが落ち着いた主婦の方や、50歳で医学部に合格した人もいるほどなので、年齢を気にして夢を諦めないようにしたいですね。

中には医学部合格を目指して日々がんばっていたもののどうしても合格することができず、10年以上のブランクを経てから再度医学部に入学して努力している方もいます。

大学の中には受け入れが積極的ではないところもある

医学部予備校の多くは社会人歓迎としていますが、予備校に入れたとしてもすべての大学で社会人の受け入れを積極的に行っているわけではありません。このあたりは注意しておきたいですね。

しかし、その一方でできるだけ積極的に社会人の入学を求めているところもあるのです。社会人になってから医療業界を目指すということは、一度社会をよく見て様々な経験を積んでいる状態ですよね。

これからの医療現場ではコミュニケーションを重視する傾向があり、社会経験を積んでいる方はメリットも大きいのです。医師として仕事をする際にはもちろん医療の技術や知識は必要になりますが、一人ひとりの心に寄り添い、親身になって対応できる人材が多くの病院で求められています。

社会人から医学部入学を目指したいと思っているのであればまずは基礎知識から丁寧に学べる医学部予備校を探し、合格を目指してみましょう。その際には社会人の受け入れを積極的に行っている大学を選択するのがおすすめです。

効率的に勉強するためにも予備校がおすすめ

独学で勉強する方もいますが、受験生に比べると社会人は十分な勉強時間を取ることができません。仕事や家事をしながら毎日勉強時間を確保するのは大変なことだといえるでしょう。

そのため、どうしても土日や有給などを使って勉強時間を作らなければなりませんよね。その時に独学を選択するよりも予備校で学んだほうが効率が良いのです。

わからないことがあった際にもすぐに質問ができますし、周りにいる仲間とコミュニケーションをとればモチベーションの向上にもつながるでしょう。

まずは入学できる予備校を探すことが大切です。現役生や浪人生のほうが合格率が高いため、その予備校自体の合格率を高めるために社会人を避けているところもありますが、受け入れを行っているところもあるのでホームページや口コミ情報などを調べてから決めるのもおすすめです。

 
 
 
福岡の医学部予備校を比較しました