福岡の医学部予備校を比較しました

医学部合格を目指すなら!福岡の医系予備校選び完全ガイド

予備校の選び方

大手予備校と医進系の違いなど医系予備校の選び方や注意したい悪徳予備校の手口を紹介します。

正しい医系予備校の選び方

医学部を受験する人にとって医系予備校に通う主なメリットを以下に紹介します。

  • 少人数制個別指導など質問がしやすく、生徒に合わせた指導を受けられる
  • 志望校別対策など医学部ごとに特化した受験勉強ができる
  • 講師や教務スタッフが医学部受験に精通している
  • 医学部の合格実績が豊富
  • 同じ目的を持つ仲間と切磋琢磨できる
  • 全寮制なら生活全般をサポートしてくれる

こうした点が特徴となっている医学部予備校なら、選ぶ価値があると思います。

大手予備校と医系予備校との違いとは

医系予備校の選び方大学受験のための予備校といえば、すぐに思い浮かぶのは大手予備校でしょう。センター試験対策として一般的な科目の学習なら大手予備校でも事足りると思うかもしれません。

そこで、大手予備校と医系予備校の大きな違いは何か?
それは学費です。

医系予備校の場合、通学で400万円前後、寮に入ると1,000万円近くの学費がかかる場合もあります。

こうした学費を負担できるのは多くが医療関係者の子供たちで、そうした保護者や生徒に求められる学習環境を提供できるのが医系予備校です。

大手予備校では大人数のクラス制が多いのですが、医系予備校は高額になる分、マンツーマン指導のところが多く、生徒の特性に合わせた指導をしてくれるというわけです。

逆にいえば、医者の子供たちが集まり、医学部受験の専門講師やスタッフがサポートしてくれるため、結果的に医系予備校は医学部の合格実績を高めているともいえます。

こんな予備校にご用心

一方で選んではいけないのが詐欺まがいの運営をしているところ。不正をするようなところはだいぶ淘汰されてきたようですが、医学部予備校の場合、何年も浪人している人もいるので、そうした弱みにつけこむような謳い文句で生徒を集めているところは注意しましょう。

 
 
 
福岡の医学部予備校を比較しました